日本のテレビ番組をインターネットで録画
ご契約者様専用サービスへのログイン
トップページへ
ビジネスモデル特許
_
_ 日本のテレビ番組がみれる!録画ネットの [ テレビパソコン ハウジングサービス ] なら、海外から自由にご覧いただけます。
_
お試し無料! 弊社の想い お客様の声 サイトマップ FAQ テレビ番組表 受信チャンネル お申し込み 解約について
_
テレビパソコン無料お試し
申込みはこちら 無料お試し ■ お試し時の注意事項

■ テレビでも観られる
録画ネットで録画した日本のテレビ番組は、テレビでみることができます。パソコンからテレビに接続する方法をご紹介!!


■ 録画ネットとは?
日本のテレビ番組を世界から見られる・・・ポイントご紹介 !!


■ 録画ネットの仕組み
どうして海外から日本の番組が録画できるわけ !?


■ 資料請求窓口
お忙しくてお試しできない方!パンフレットを電送します!


■ マックで録画ネットを楽しむ方法
録画ネットはマッキントッシュでも利用可能です


■ 録画予約の方法
録画ネットではどのような方法で録画予約を入れているのか?


■ 録画済みファイルの管理方法
どのような方法で録画済みファイルを管理しているのか?


テレビ番組の内容に合わせた録画モードのご紹介

* * *
  録画ネット サイトマップテレビ番組の内容に合わせた録画モードのご紹介 (動きのカクカクの軽減方法 / 裏番組録画時のお勧め)  


録画という処理は、テレビパソコンにとって、何よりも負荷のかかる重たい処理です。

この処理をしている間、テレビパソコンは利用できるリソースを最大限に活用し、録画しようとしています。
画面サイズを大きくすればするほど、画質を高画質にしようとすればするほど、より負荷の高い仕事となります。

そして、その負荷がテレビパソコンの処理能力の限界を超えると、動きがカクカクしたり、音声にノイズが入ったりしてしまいます。

ここでは、各種モードの基本特性と、その使い方について記述させていただきます。
(ここでは、「画質」=静止画像の綺麗さ、「動き」=画像の動きの滑らかさ、という意味合いで使用させていただきます)


録画時の選択肢とその基本特性について

● 録画モード

録画モードの選択肢とその基本特性は以下の通りです

録画モード
画質
画像の動き(テレビパソコン処理負荷)
1
高画質
キメが細かく綺麗
処理負荷が高い為、動きがカクカクする場合がある
2
標準
処理負荷が最も軽い為、動きがなめらか
3
転送時間優先
最も粗い
処理負荷が比較的軽い為、動きがなめらか(「標準」モードよりは、負荷が高い)

各録画モードのデフォルト値については、上記の各モード毎に、ビットレート、フレームレートの値を、ご自分で変更することも可能です。
必要に応じて(お客さまのインターネット環境などに応じて)、i-リモコンの「その他」タブから変更下さい。

● 画面サイズ

画面サイズの選択肢とその基本特性は以下のとおりです

画面サイズ
画質
画像の動き(テレビパソコン処理負荷)
1
大(640×480)
キメが細かく綺麗
処理負荷が高い為、動きがカクカクする場合がある
2
560×420 〜 320×240
処理負荷が多少低い為、動きがカクカクする頻度が少ない
3
小(160×120)
最も粗い
処理負荷が非常に軽い為、動きがなめらか



お奨めの各モード選択について

● 画面サイズ × 録画モード の組合せ

各モードの組合せと、その特性は、テレビパソコンのスペックにも依存する為、一概に言い切れませんが、基本的な傾向として、以下にご紹介させていただきます。
いずれにしましても、全てに優れた組合せは現実的に存在しないため、番組と使い方に合ったモードを適切に選択するのが、テレビパソコンの上手な使い方と言えます。
ちなみに、弊社メンバーの個人的なお奨めは、ほとんどの番組で下記の 4もしくは 5です。

画面サイズ
録画モード
画質
画像の動き(テレビパソコン処理負荷)
ファイルサイズ
お奨めの番組、視聴方法
裏番組録画との相性
1
大(640×480)
高画質
最も綺麗
処理負荷が最も高い為、動きがカクカクする場合が多い。
最大
動きの少ない、画像そのものを鑑賞する番組(絵画など)
× 処理負荷が高すぎて、ほぼ確実に音飛びなどが発生する
2
大(640×480)
標準
綺麗
処理負荷は、低くはないが、動きのカクカクは多少軽減される
PCの画面で見る場合で、高画質で見たい、動きの少ない番組
× 処理負荷が高く、音飛びなどが発生する確率が非常に高い
3
480×360
高画質
綺麗
処理負荷は、低くなるため、動きのカクカクは軽減される
(テレビの走査線は、PCに比べて少ないため)
テレビの画面で見る場合の高画質で見たい番組、動きの多い番組
× 処理負荷が高く、音飛びなどが発生する確率が非常に高い
4
560×420
〜 320×240
標準
処理負荷は低いので、動きは滑らか
全てのバランスが良いので、普段使いには最もお奨め
○ 処理負荷が高くは無い為、おおむね良好な録画が可能
5
小(160×120)
標準
荒い
処理負荷が最も軽い為、動きがなめらかで、音声へのノイズなども、最も出にくい
画質は悪いが、最も処理負荷が小さいモード
◎ 処理負荷が最も軽い為、非常にお勧め
6
小(160×120)
転送時間
優先
最も粗い
ファイルサイズを小さくする為に処理負荷は、標準の録画モードより高い
極小
画質は悪いが、ファイル転送時間が非常に短いので、「聞く」事を主とする、ニュース番組など
△ 処理負荷は多少高いため、お勧めとは言えない

録画ネットでは、あらゆるお客さまのニーズに応えようという思いから、このように各種のモードをご用意し、また各モードの値も自由に設定出来るようにしてあります。
また、逆にこれらのモードを使い分けるのが面倒な方、もしくは設定をいじり過ぎてしまわれた方は、「その他」タブにて、全ての設定を「設定を出荷時に戻す」ボタンにて戻して、全て標準でお試し下さい。

 

 

 

録画お試しはこちらから

*
サービスイメージ | サイトマップ | プレスリリース | 個人情報保護 | クッキーの設定方法 | リンクについて | お問い合わせ | 会社案内 |
*

専用サーバー | ラスベガス
海外から日本のテレビ番組にアクセス 録画ネット
Copyright © 2003 FA Vision, Inc. All rights reserved.
ポスター印刷  専用サーバー